スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

11月29日(火)曇り

2011-11-29
ちょっと間が空いてしまったので、ご心配おかけしました。

来週月曜日がCHCコンテストで、準備で毎日忙しくしております。
結構大変なんですよ、運営側は。
そんなこんなの毎日ですが、学校も秋深くなってきました。
23112901
入学式で満開だった桜も、こんなに葉が落ちてきました。
月曜日は10時~15時30分まで、入場無料でのコンテストです。
お時間のある方は、ぜひご見学お待ちしております!
あー忙しい!
スポンサーサイト

8月10日(水)暑~い東京!

2011-08-10
酒井先生が朝から唸っていました!
「う~~~ん、う~~~ん」
先生どうしたんですか?
「昨日、9日17時(世界時9日8時)に、1263黒点群でX6.9の大規模フレアが発生したんだよ!」
...。と言うことは、ま、ま、まさか!!!!!
な~~んて、よくわかっていないんですが、何のことですか?
「今日のこの異常な暑さと、太陽のフレアは無関係とも言えない!大規模な衝撃波が地球に到達するんだよ!」
えーーーーっ!!でも、それってどうしたらいいんですかーっ?
「う~~~ん。う~~~ん。」
...。なるほど、それが朝から唸っている理由ですね~。

というサイエンス的なお話しは、一旦置いておきましょう。
気になる方は、独立行政法人「情報通信機構(NICT)」から発表されている「宇宙天気予報」をご覧ください。



さて、その影響でしょうか?今日の東京は異常な暑さです。
東京の暑さは、吹く風が熱風ってところ。
地方では、暑くても日陰は涼しいとか、風か気持ちいいとかですが、東京は吹く風が熱風なので息苦しくなります。
そんな東京の中央理美容専門学校。
斉藤隆一先生の銅像前の百日紅が、今年も綺麗な花を咲かせました!
23081001
春は桜、夏は百日紅、秋には金木犀、冬はクリスマスローズやシクラメン。小さいながらも学校の庭は、季節ごとにきれいな花が咲きます。
23081002

斉藤隆一先生も暑い夏ですが、うれしそうです。
23081003

さて、学校は明日から夏期休暇に入ります。
16日までお休みですので、気を付けてください。
23081004

学生エントランスには、CHUMMYが取材した卒業生の写真を掲載しております。
23081005
老若男女。沢山の卒業生が日本中で活躍されています。
この夏、全国の理美容店の多くが、8月15日~お盆休みに入ります。
しっかり英気を養われて、下半期の営業に励まれてください!
普段室内から出ない方、近所から出ない方、さぁ!冒険です!
新しい何かを発見する「旅」に出かけましょう!

5月26日(木)曇り

2011-05-26
今日の東京は曇りです
昨日は、なんて爽やかな5月の空だったでしょうか!
好き~なのは~5月の風~」ふきのとうの歌を思い出します。
青い清々しい空は、宮城の不忘山の向こうまで続いています。
23052603<宮城県不忘山>
フランスの文豪ロマン・ロランは戯曲の中で、「あらゆるものは前進する。地球、事物、人と同じく空もまた進む。」
ヴィクトル・ユゴーは、「大海よりも広いものそれは天空。天空よりも広いもの、それは人間の内奥にある心である。」と、「レ・ミゼラブル」の中で記述しています。
震災で永年築いてきた財産も、そして家族の命も失った家庭があります。
でも、命は、心は残りました。その心を大切に生きて行くことが、本当に大事だ、ということを私たちは学ばせていただきました。
そして、その命に、心に応えて行くことが人と人との関わり合いの中で、一番重要なんだということを思い出す、またはそんな価値観の大切さが見直される時代に入ってきたのではないでしょうか。
23052601<六ヶ所村風力発電>
それは、つい最近まで人の価値観が、何か高価なものを所持しているとか、人よりすぐれているものを持っているとか、常に相手がいるという相対的な価値観の存在が、現代日本の価値の基準になっていたかもしれません。

相手の行動ばかりが気になる。誰かが自分の悪口を言っているのではないか。疑心暗鬼と人間への不信感を抱く人は、自分の気付かないうちに、腕を組みバリアーを張ってしまう行動を取ったり、平気で嘘をつき、自分の言った嘘が本当にあったことだと思いこんでいくそうです。

今回の震災はそういう相対的価値観ではなく、命や心の絶対的価値観が、本来人間には一番重要だということを、被災者の方たちが一番感じたのではないでしょうか。

中央校の伝統の一つに、先輩が後輩を指導する、また先輩と後輩の仲の良さがあります。
連綿と続く中央校の建学の精神が、この学舎の中で培われていきます。
これは、先輩と後輩の心と心の交流から芽生えるもので、それは教師と学生にも同じことが言えます。
23052602<青森駅から>
どこまで真剣に相手のことを思えるのか。
これが、実際の現場では、お客様への真心の行動へと繋がっていきます。
これが、実際の現場では、スタッフへの様々な配慮へと繋がっていきます。
これが、次の世代にこの業を繋げて行く、教育や指導、人材育成へと繋がっていきます。

同じスタッフなのに共に助け合うのではなく、人間主義とは正反対の排他主義に陥ったり、陥れたり。
そんな話を聞く時は、非常に悲しくなります。寂しくもなります。
人を育てる。これが、教育の根幹であり、学校教育ではさらに一歩踏み込んだ、どんな人をも受け入れる教師の存在が必須条件となります。

「学生にとって、教師は最高の教育環境である」
教師の行動が厳格であるからこそ、中央校の教育は成り立っています。
それが、初代校長の斎藤隆一先生の教育哲学でもあり、中央校の教師としての資質でもあります。
先日の星野弘至先生の、学生と共に朝掃除をする姿は、まさに最高の教育環境そのものでした。
23052604<神奈川県辻堂海岸>
都内近郊の理容科があるほとんどの学校では、昨年より学生数が減少しているようです。
また、苦肉の策で、美容科希望の子を理容科に勧め、入学数を増やしている学校もあります。

中央校では、2年連続で学生数が増加。
来春入学希望者もすでに昨年同時期に比べ、増加となっています。

本当に勉強をしたい学生が増えて、授業も真剣さを増す姿勢になってきました。
地元で勉強するのもいいですが、本物をしっかりと勉強するなら、ぜひ中央理美容専門学校へ!
6月19日(日)10時から12時に体験入学があります!
JR東日本をご利用の方であれば、JR東日本パスで、新幹線(はやぶさは2回まで!)乗り放題で¥10,000!この機会にぜひ!(7月18日(月・祝)も!!!)
サロン通学のことや、アパート、学生会館の相談。サロンやアパート見学をご希望の方は、必ず事前にお申し込ください。
その目で、中央校を確かめに行こう!





11月27日(土)

2010-11-27
おはようございます。
もうすぐ12月に入りますが、暮れの準備と新年の準備はできていますでしょうか?

大きな園芸店では、クリスマス用のポインセチアやシクラメンなどが、大量に販売されています。
また、ガーデンシクラメンやクリスマスローズ。
昔は無かった品種も、今ではたくさんあって、園芸店もある意味、町の植物園ですよね~。
食虫植物なんかも多数揃えてあったりして、子供と行っても楽しい所になりました。
この季節は、電飾もたくさん揃えてあって、悩んでるお父さんやカートに無数の種類の電飾を入れてるお父さんを見かけます。
夜にはすごくきれいな庭になっている、そんな電飾のきれいな写真があったら、ぜひCHUMMYまでお届けください!
hb@chic.ac.jpです。必ず「CHUMMYへ」と題名を描いてくださいね!

さて、中央理美容専門学校は本年2月6日に創立60周年を迎えました。
全国の理容師の指導者を育成するために創られた学校ですが、2007年には新しい美容師を輩出することを目的に美容科が設置されました。



初めの校長先生である、斎藤隆一先生は校長就任にあたりこのように述べています。
1127002
この度、中央高等理容学校校長(現中央理美容専門学校)として、その任務に就くに当たり、全国の皆様に、所懐の一端を述べてご挨拶申し上げます。
 ご承知のごとく、当校は、全国理容連盟(現全理連)の大目標たる、理容師の幸福(当時は理容科のみだったので)、向上を計る為の三大事業、即ち、対外的には社会政治活動、組合団結の為の内政活動、そして、その裏付けとも言うべき、最も根幹を為すところの教育活動、この一環を為す三大事業の一端を担って設立され、そして、この理想現実の為に、現在まで、営々と、その任務遂行にあたって参ったのであります。
 然しながら、当校は、開設以来、種々の事情により、未だ校長として、直接教育機関としての責務を負うべき者の無かったことは、その事業の重要性を認識する者にとって、誠に遺憾とされていた処でありました。
 ところが最近私に、この大任をとの話しがありましたが、不肖は、もとより、こうした重要な地位に就くべき器にあらざる事を、自ら承知しておりますので、過般来、固く辞して参ったのでありますが、理事長始め各役員諸氏の再三のご説得により、不肖をも顧りみず、老骨に鞭打ち、敢えて大任に就いた次第でありまして、その任務の重要性を想います時、只管に全国会員各位のご協力を切望し、以て、今後の学校経営、教育の進歩向上に邁進致し度く念願致す次第でございます。
 更に学校教育の面で現在考えておりますところを申し上げれば、一般に未だ技術の不統一が見られるのでありまして、これは教育者として誠に残念に存ぜられるところでありますので、今後はこの点につき、関係各先生方にもご協力を願い、教師間の技術においても、是れが交流統一を計り、確固たる技術体系を樹立して、而して全国理容技術の統一を期したいと望んでおります。
 何とぞ各位におかれましては、教育の重要性を、更にご認識くださいまして、全連の教育事業、並に学校の運営に就き、一層のご支援ご協力をお願いいたしまして、ご挨拶といたします。』

1127001
斎藤先生と吉田善七先生の師弟

斎藤先生の意志は場所にあるのではく、その意志を継いだ人にあるのだと思います。
時代が変わる中、変わらないものと、変わるものがあると思います。
斎藤先生の意志は、時代と共に変わるものではなく、より一層輝きを増すのではないでしょうか。
それを証明するのは弟子である人達と、その意志が脈打つところの中央校の卒業生の活躍です!

学校機関紙の「ザ・セントラル」の右上に「教育が未来を創る」とあります。
中央校で学んだ卒業生が、新しい理美容の未来を創っていくのです。

そして、自分自身の幸せの未来をも創っていきます。

教師は学生の最高の環境である。
先生一人一人の毎日の生き様が、学生に伝わり、学生が意欲を燃やす学校。
学生一人一人の毎日の研鑽が先生に伝わり、先生が更に教育に意欲を燃やす学校。
講師の先生が本当に親身になって学生指導に徹していただける。
先輩が後輩に技術から生活の事まで相談、面倒をみてくれる。
その相互関係の良さが、中央校の一つの伝統であります。


自分自身に「何のため」を掲げながら勉学に励んでまいりましょう!

9月23日(木)

2010-09-23
おはようございます。

このブログも色々な方に見ていただいておりますが、たまにはアカデミックなことや、斉藤先生のことも!というご意見をお聞きしますので、何とか幅広く情報提供が出来ればと思っておりますので、よろしくお願いします。

基本は、学校情報公開のスタンスですので。

最新耳より情報です!
堀校長が、年末にTVドラマに登場します。
まだ詳細は明かせませんが、某有名俳優と共演をされました。
写真は手に入れてありますので、OKが出たところで特集を組みたいと思います。
にしても、校長、マスコミに出過ぎですよ!
それより、CHUMMYのブログがもう少しで、10000回アクセスになりますので、その企画とスポンサー探しをお願いします!

さて、斉藤先生語録から
0923001
「斉藤会のみなさんを、私は自分の子供だと思っている。
斉藤会は政治団体ではない。技術の研究が目的の全部である。
くり返して云うが職人に還れ、である。
私が修行した大場本店では、宮様や華族のお客様が多いので、当時、尾上菊五郎とか羽左衛門とか河合とかいう俳優が来ても、当時見習生の、鋏を一ぺんも持たせないような私に、やらせたものである。
その俳優が、今では、芸術家と云われ、文化勲章をもらっている。
その人たちは、芸術家になろうと思って勉強したのでもなければ、文化勲章をもらおうと思って勉強したものでもない。
ただ、自分の芸を磨く事に専念したまでである。
ところが、わが理容の業者は、社会が認めてくれないと云って、不平ばかりを云っている。
黙っていても人が認めてくれて初めて、芸術家と云われるのである。
社会から認めてもらおうなどという慾を離れて、専門家だから研究するのだという立場から勉強すれば、社会はやがて認めてくれる。
職人として、専門家として、である。
どうも一般、一から十まであるとして一から二と、一つずつ勉強しない。
いきなり六から先を知りたがる。
すぐ櫛の運行とか、顔剃りとか、いわば表芸だけをやりたがる。
本当は、一から二と順を追って勉強した方が早道なのである。
急がば廻れという言葉がある。
一に徹すれば、百に通ずる。
(省略)
私はみなさん一人一人の発展を望むものである。」

いつまでも斉藤先生は、基本を大事にされ、そして組織の発展ではなく、一人一人の幸せを望んでいました。

「何の為」いつもこのことを胸に抱きながら、歩んでいきたい。
楽をしようとすれば楽はできるが、「何のため」を忘れた技術の中に、「心」は決して伴いません。
毎日が勉強で、毎日が精進です。
武田鉄也の海援隊に歌に「母に捧げるバラード」がありますが、その中の歌詞に、母が息子に言うセリフがあります。
今一度、原点に返って、今出来る事から挑戦しよう!
そういう10月で、スタートしようではありませんか?
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
鳩時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

CHUMMY

Author:CHUMMY
本物を目指すなら!
理容科として、
最高の教育環境の中央校へ!
美容科は、
新しい美容師の輩出を目指す!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。